ダイエットと腸内フローラ

腸内フローラを整える超具体的な3つの方法

更新日:

腸内フローラを整える超具体的な3つの方法

美容や健康に大きな影響を与えると言われている腸内環境を整えるためには、腸内フローラのバランスを整えることが大切です。

腸内フローラのバランスを整えるためには善玉菌を優勢な状態にすることが理想ですが、具体的にどうしたら良いのか、何から手を付けるべきなのかわからない方も多いですよね。

そこで今回は、腸内フローラを整えるために実践すべき3つの方法を詳しく紹介します。

この記事を読んでいただけると効率よく腸内フローラを整える方法がわかり、あなたの腸内環境も最善の状態をキープできるのでぜひ参考にしてください!

 

食生活で腸内フローラを整える方法

腸内フローラを整える超具体的な3つの方法

腸内フローラを整えるには、毎日の食生活を改善することからはじめましょう。

今までの食生活をガラッと変えるのは難しいと思うので、実践できそうなことから少しずつ改善するのがおすすめです。

誰でも簡単に実践できる腸内フローラを整える食生活の改善方法を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

 

善玉菌を増やす食生活を心がける

善玉菌は常に補給しつづけなければ減ってしまうため、善玉菌を増やせる食生活を意識しなければいけません。

以下のような善玉菌を含む食品を毎日の食生活に加えましょう。

 

主な善玉菌の種類と食品例
善玉菌の種類食品例
乳酸菌乳製品、漬物、味噌など
酵母菌味噌、醤油、パンなど
納豆菌納豆
麹菌味噌、醤油、かつおぶしなど
酪酸菌ぬか漬けなど

 

このように善玉菌を含む食品は、いわゆる発酵食品に該当する食品に多く含まれており、和食を意識して食べるようにするだけで無理なく善玉菌を補給できます。

また、善玉菌を補給するだけでなく、善玉菌のエサになるオリゴ糖や食物繊維を積極的に補給することも大切です。

 

悪玉菌を増やさない食生活も重要

悪玉菌は食生活の乱れで簡単に増えてしまうため、悪玉菌が好む食べ物はできるだけ避けましょう。

脂身たっぷりのお肉や、油っこい揚げ物、甘いお菓子などは悪玉菌の大好物!

特に動物性脂肪は悪玉菌を増やす原因になるため、できるだけ食べないようにするか、最小限にとどめておくことをおすすめします。

 

運動で腸内フローラを整える方法

腸内フローラを整える超具体的な3つの方法

腸内フローラを整えるためには運動も必要です。

運動で体を動かすことにより血行が良くなり、腸に適度な刺激を与えて活発にはたらきます。

腸のはたらきが活発になるほど、悪玉菌の力も弱まって善玉菌が優勢な状態になりやすく、腸内環境が整ってきます

腸内フローラを整える運動といっても、あくまでも適度な運動量で十分です。

適度な運動量とは個人差があるため、あまり運動が得意ではないという方は無理なく取り組める運動からはじめてみませんか?

 

無理な運動は逆効果になるので要注意!

腸内フローラを整えるために運動を頑張ろう!と気合を入れすぎても良くありません。

体に負担をかけすぎる運動量になると、逆にストレスを感じて腸の働きを鈍らせる原因にもなりかねないのです。

また、長続きしそうもない運動量になっても意味がないので、無理なく毎日続けられる運動を心がけましょう。

あまり運動にかける時間が確保できないという方は、エレベーターやエスカレーターに乗らずに階段にしたり、家事の合間にストレッチをするだけでも良いです。

とにかく体を動かすことを意識するだけでも、腸に刺激を与えるきっかけになります。

 

しっかり休息をとって腸内フローラを整える方法

腸内フローラを整える超具体的な3つの方法

毎日を忙しく過ごす現代人にとって一番簡単そうでなかなか実現しにくいのが、しっかり休息をとることです。

「最近疲れが取り切れていない」「わけもなくイライラして周りに当たり散らしてしまう」という人は要注意!

あなたのストレスはどんどん溜まり続けていて、腸内フローラのバランスにも悪影響を与えている可能性があります。

ストレスを感じると自律神経のバランスにも影響を与え、腸の動きを鈍らせて悪玉菌を増やす原因になるのです。

ストレスを溜め込まないためにも、しっかり休息をとることが腸内フローラの改善に役立つことを忘れないでください。

 

一番簡単なストレス解消法は睡眠

人によってストレスを解消する方法はいろいろありますが、最も簡単なストレス解消法は睡眠です。

睡眠をおろそかにすると、目に見えないストレスが蓄積して体に悪影響を及ぼしかねないので、「質の良い睡眠」を意識してストレスを解消するように意識してください。

質の良い睡眠を実現する第一歩になるのは、自分の深い眠りと浅い眠りの周期を把握して、自分に最適な睡眠時間を知ることです。

最適な睡眠時間は個人差があり、6時間くらいが最適な人もいれば、8時間くらいが最適な人もいます。

自分の最適な睡眠時間を知るには、数日間睡眠時間の記録と目覚めたときの感想をメモしておくと、自分に最適な睡眠時間が客観的にわかります。

ぜひあなたも質の良い睡眠で一日の疲れをしっかり取ってストレスを解消し、腸内フローラを整えるように心がけましょう!

 

今すぐ腸内フローラを整える3つの方法を実践しよう!

今回紹介した腸内フローラを整える方法は決して難しいものではありません。

大事なのは毎日継続することなので、まずはあなたが実践できることからはじめてみましょう。

腸内フローラが整えば、必ず美容や健康にも手応えを感じるはずですよ!

Copyright© 【ビセラ(BISERA)は痩せない?】ダイエット効果や口コミ・評判を徹底解説! , 2019 All Rights Reserved.